ビーツ

昨日農商工連携フェアの出展者の懇親会がありました。

そこでトキタ種苗の方と話をしたのです。

トキタ種苗ではヨーロッパ野菜の種を販売していて、今さいたま市の若い農家集団がヨーロッパ野菜を生産しているようです。

その中で、ビーツがヨーロッパで流行しているらしく、日本でも少しづつ認知されつつあるということでした。

このビーツをパン屋が活用することを少し考えてみました。

用途は2つあります。一つはジャム加えること、もう一つはパンに加えること。

当社の魔女のクラフトジャムと赤き血潮のコッペパンにとても合う素材です。

熱を加えても赤さと栄養素は失われない。栽培時期は限られますが、年間通して手に入るみたいです。

県庁朝市の仲間でビーツを生産している方がいて、少し分けていただいていますが、試作してなかったので

今度試作してみようと思います。

 

天然素材の強烈な赤が欲しい。

 

また新しい魔女商品が出来そうです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA