さいたま市にあるパンと美味しいこと、ものを創造するお店です。

「魔女のコッペンパ」

2019年4月に工房を移転しました。

ここで毎朝、パンを焼いています。

毎日粉から練り上げ、出来た生地を寝かせて休ませ、次に小さく小分けして、それぞれのパンの形に成型して、

また寝かせて休ませて、パンもストレスを掛けずにゆっくりすると、美味しそうに仕上がります、そして焼き上げます。

国産小麦はパンを膨らます成分のたんぱく質が低いのですが、丁寧につくるとふっくら柔らかく、小麦の香りが

高いパンになります。たまに全く膨らまないこともありますけれど。結構気まぐれですね。

我々焼くパンはほとんどが国産小麦です。デニッシュ生地だけは、シーターがないので、冷凍生地を使います。

特にコッペパンは国産小麦を5種類をミックスしています。そして3日間かけて、焼き上げています。

埼玉県産ハナマンテンはちょっと癖のある小麦で、寝かせれば寝かせるほど、柔らかくふっくらします。

特に全粒粉を入れた場合は特にそうしないと大きくなりません。

こんな感じで毎日毎朝焼き上げています。

魔女のコッペンパは、コッペパン専門店ではありません。バラエティに富んだ、家族みんなが幸せになるよう

いろんな種類のパンを焼いています。

パンのこだわりにつきましては、こちらをご覧ください。

アクセスはこちらから