塩は「海の精」のあらしおを使っています。

塩田で太陽と風の力で海水を濃縮し、ゆるやかな火の力で丹念に結晶させた、昔なつかしい伝統海塩。

食品の美味と栄養効果を高める無機成分が、豊富にバランスよく含まれています。

「海の精」の塩(海の精のホームページから抜粋)

塩の産地、原料、製法、成分、味などは、さまざまです。「海の精」の産地は、離島・伊豆大島。

原料は、黒潮が運ぶ清らかな海水100%。

製法は、2種類あります。

1つは、日本の伝統製法で、天日で濃縮して、平釜で結晶します。

もう1つは、日本では歴史的にも珍しい製法で、天日で濃縮して、天日で結晶します。

どちらの製法も、現代の日本ではほとんど例のないものです。

成分は、ナトリウムのほかに、生命保持に欠かせないカルシウム・マグネシウム・カリウムといった、

少量微量の無機元素を含んでいます。

味は、塩辛さをもたらす塩化ナトリウムのほかに、甘さ・旨さ・コク・キレをもたらす他の無機塩類を、

5~6パーセントも含んでいます。

製法だけでなく成分や味も、1972年の塩田の廃止とともに失われた日本の伝統を継承するもので、

現在ではきわめて希少な存在です。