魔女のこだわり 有機ショートニング(トランス脂肪酸フリー)

パンに使われる油脂はなぜ入れられるのか

パンの品質保持

・パンの内層をクラム、パンの表皮をクラストといいます。

油脂はこれを薄くする効果があります。

・クラムに気泡が小さくなります。

これはパンのくちどけに効果があります。

・パンの水分蒸発を少なくし、老化を防ぎます。

・生地の伸展性を良くし、ガス保持力を高め、パンの容積を増やす効果があります。

ふっくら大きくします。

当社ではお客様の身体の負担を減らすため、油脂は「有機のショートニング」を使っています。

最大の特徴は、トランス脂肪酸が入っていないことです。特にコッペパン甘い食材から食事系の食材まで

幅広いメニューがあります。他のコッペパンではバターやマーガリンで風味をつけていますが、

当社では、素材の魅力(国産小麦、塩、砂糖など)をなるべく引き出した形で食べていただきたい。

そこが他のコッペパンとの差別化です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA